自己破産したらクレジットカードはどうなるのか?

すべての借金をクリアに 自己破産

自己破産の情報は、一般的に事故情報と呼ばれており、この情報は信販会社系のCICや消費者金融系のJICCは最低5年、銀行系のKSCは10年経たないと抹消されないといわれています。

この事故情報が記録されているうちは新たなクレジットカードを作ったり、今持っているクレジットカードの利用はできなくなります。

自己破産をすると破産者として官報に名前が載ります。同時に信用情報機関は対象者の事故情報を記録します。それは「あなたには信用がなくなったので新たな取引ができません」ということを意味しています。

手持ちのクレカはすべて解約

この際、利用残高があるクレジットカードはすべて解約、利用停止となります。自己破産するときはすべての債務が対象となります。クレジットカードの利用残高も当然債務になりますから自己破産の対象になるためです。

ただ、契約したものの一度も使用したことのない休眠カードはそもそも利用残高がありませんよね。なので自己破産の対象外になるのか?カードを持っていても良いのか?と考える方も多いようです。

しかし、利用残高がない未使用の休眠カードであっても、事実上使用することはできなくなります。破産手続き開始後に使用したことが発覚すると自己破産が認められなくなるばかりか、詐欺と見なされる可能性もありますから絶対に使ってはいけません。

手持ちのクレジットカードは自己破産の手続き開始後は使用しないこと。そして休眠カードを含めて必ずすべてのカードを自己破産手続きを依頼した弁護士に提出してください。

信用が回復するまではおよそ10年

これでクレジットカードはすべて使えなくなります。また事故破産の情報が信用情報機関に登録されているうちは、新たにクレジットカードの申込をしても審査の段階で落とされてしまいます。

自己破産の場合は信用情報機関の事故情報が抹消されるまで10年間ほどかかるといわれています。「10年間ほど」というのは、きっちり10年と規約として公表されているわけではないため。なのでいままでの事例から概ねこのくらいの期間は必要になります。

5年経ったら一部消費者金融で可能性も

では、5年なり10年なり経過したらすぐ申込をしていいのでしょうか。大丈夫だと思われますが、ちょっと待った方がいいです。
一度信用情報を照会して、自分の信用情報がどうなっているか確認することをお勧めします。確認方法は難しくありません。
また、自己破産などを手掛けてくれた弁護士などにお願いすると照会の方法を親切に教えてくるでしょう。

信用情報機関で自分の情報を照会しましょう

信用情報を照会すると、通常は非常に多くの情報が載っているものです。とはいえ、クレジットカードなどをすべて解約しているので記載事項がないかもしれません。
信用情報を照会して、何も記載がなければ自己破産の情報が登録期間満了で削除されているのです。これでクレジットカードの申込をしても、特に問題なく審査をしてくれます。
ただし、自己破産をした旨の事故情報が残っている場合は、信用情報機関に削除請求をする必要があります。

何もなければ申込可能です

照会して信用情報に登録がなければいいのですが、たまに信用情報機関が登録抹消を忘れていることがあります。
ただ、抹消時期は自分が自己破産をしてからピッタリ5年とは限りません。1カ月に一度しか抹消処理をしていないこともあるためです。
ただ、自己破産をとしてから6年程度経つのにデータが残っているなら、一度確認してみることをお勧めします。

自己破産後最初の一枚

カードは必需品

では、自己破産後にどんなクレジットカードを申し込めばいいのでしょうか。

クレジットカードは審査が緩いものがお勧め

信用情報に登録事項がなければ一安心ですが、実際にはこのような状態を「スーパーホワイト」と呼び、審査担当者は警戒しています。
今のご時世にクレジットカードを一枚も持っていない人は多くありません。情報がないのは、何か理由があると勘ぐられてしまいます。
ただ、全ての信販会社がこのような判断をしているとは限りません。信販会社の審査は、緩い場合もあれば、厳しい場合もあります。審査が緩めのクレジットカードがお勧めです。

ハウスカードがベスト

審査が緩いクレジットカードとしては、スーパーやショッピングセンターのハウスカードが挙げられます。
この手のカードはスーパーなどの入り口でいつも勧誘していることでお分かりの通り、審査は厳しくありません。
何しろ、収入がないはずの専業主婦にも入会してもらう必要があるのです。
また、ガソリンスタンドが発行するクレジットカードも審査が緩いと言われます。審査に通れば、今まで通り何事もなくクレジットカードを利用し続けることができるでしょう。

今後は収入に応じた金銭感覚で生活を

このようにしてクレジットカードを新しく作ったら、今度は期日通りの支払をして、信用情報に問題が生じないようにすべきです。
信用情報にはクレジットカードの支払が期日通りされたかということまで登録されています。期日通りの支払を続けていれば、信用が積み上がるでしょう。

クレジットカードの支払期日厳守

信用を積み上げるためには、毎月の支払日にはきちんと口座引落ができるようにしておくことが大切です。
支払期日を厳守し、信用情報に問題なく支払がされた旨の情報が登録され続けるようにすることが大切でしょう。

できる限り一括払いに徹しよう

そして、クレジットカードの支払はすべて一括払いに徹することが大切です。
一括払いに徹することで、買い物代金の支払が繰り延べられることはなく、支払不能になりにくくなります。
もちろんカードの利用は、自分が支払える範囲に留めることは言うまでありません。
自己破産をしても一生クレジットカードが使えないことはありません。ただ、自己破産をしたことを他の信販会社に知られないためにも、使用していないクレカもすべて解約すべきです。
定期的に更新時期に信用情報機関に照会しますから、その時に自分が自己破産をしたことがバレてしまいます。
自己破産の対象となった信販会社などは二度と契約してくれないでしょう。しかし、他の信販会社なら5年後に再度審査をしてくれます。信用情報がきれいになるまで待ちましょう。

当サイトではこの他にも
借金返済のコツ、借金問題の対策を

ご紹介しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました